世界各地の占いはこれ

世界各地の占いはこれ

世界にはユニークな占いがたくさん存在します。各占いのバックボーンもさまざまです。占いは当たるも八卦当たらぬも八卦と言われていますが、性格や吉凶、過去から未来を読み解くだけではなく、その土地の特色もわかります。

これだけ占いは世界中で親しまれているという証拠です。各地域の歴史を思いながらどんな占いが発達してきたのかを見ていきましょう。

✡ほしよみ式占い師養成講座HP✡

世界各国の占い

西洋式占い、東洋式占い、そう言われるだけあって占いは大雑把にわけると東洋と西洋で違いがあります。つまり、東洋と西洋、欧州とアジアで占いがもうあるというわけですね。早速になりますが、各地の占いを説明します。

インド占星術

インド占星術とはその名の通り、インド、ネパール、チベット周辺に広がる占星術です。占星術と言えば西洋占星術を12星座で表した星座占いが一般的ですが、インド占星術は、「ヴェーダ」と呼ばれる聖典がもとになっていて、前世からのカルマや輪廻転生もわかるとされています。

また、わかりやすく言えば西洋占星術とは12星座の基準が異なり、西洋占星術の12星座占いでは納得できない人も、インド占星術における自分の12星座を知ることで自分の本質などを知ることができる場合があります。

占い方法は生年月日を占い師に伝えれば、性格や運命の傾向、過去や未来などを占うことができると言われています。

ルーン占い

ルーン文字は1世紀頃からゲルマン人によって実際に使用されていた文字です。ルーン占いではルーン文字が刻まれた全24個(25個の場合もあり)のストーンを使用するのが一般的です。ルーン文字はよく占いに登場します。

占い方はなんと自由で決まりはないです。しかし、ストーンを一つのバッグに入れておき、その中からストーンを取り出し、決まった配置に並べていく方法がよく見られます。

かつての占者はすべての石を布の上に放り投げ、意味を読み解くという方法もとっていました。ちなみにルーン占いはタロットカードや易のような占いと言われています。

まだまだある世界の占い

これは本当に世界の占いの一部です。他にも数え切れないくらいの占いの方法が存在します。地域によってはもっと変わった占いもありますし、新しい占いもどんどん登場しています。

占いは人間がいる限り、なくならないと思いますし、それだけいつの時代でも人の心というのは先の見えないことに関しては不安というわけですね。だからこそ占いというのが大事になります。

✡ほしよみ式占い師養成講座HP✡
TOPページを見る